【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

みそぎして・・・(ある短歌)

公開日: 2008年8月27日水曜日 「霊的修行」

みそぎして 後の心に くらぶれば
  昔はわれを 知らでありけり

これは、近代に禊法を再興された方のうたわれた短歌です。
(ネットで検索しても出てこないところを見るとマイナーなんですかね
 ちなみに昔のある有名な歌をもじっているようですが、自分としては
 こちらのほうが、かなりしっくりきます)

自分は、まだまだ堂々とこの歌を唱える境地には至っていないのですが、
最近、いくらかは、しみじみ感じ入るところがあります。

確かに、
禊の修行(私が習ったのは「神伝禊法」と称される体系ですが)を
経ることで、うまく言えないのですが、地味ながらも自分の変化を感じています。

「地味」というのは、自分の感性が鈍いからそう思うのであって、
実際どうなのかは、師や指導されている霊的存在の方々が正確にご存じなのだと思われます。
(やっぱり牛歩だったりするのかもしれませんが・・・)

それでも、前に進むよう願い、日々打ち込んで過ぎ行けば
いずれ、この歌のように思えるのでしょうか。

そして、道はつづくのでしょう・・・

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :