【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

「霊的カルマ」その1・・・過去世(かこせ)の自分に気づいてギョッとするとき

公開日: 2008年9月9日火曜日 「霊的修行」


ブログ記事を整理しようと、目次をつくり、
記事を見直していた。

ふと、思った。

「自分はいったい何をしているんだ?」

「ブログが開始当初の目的からズレていないか?」

「これは単に自分の奥のこころ(潜在心)の
 発露じゃないのか?」


以前、霊的調査で、今回の自分の人生への影響が強い過去の人生(これを過去世という)を調べてもらったことがあった。

その人生での自分がやっていたあまり良くないこと、強い感情からやろうとしていたこと、
それらを知らず知らずにこのブログで反芻(はんすう)していた?

と実感してしまった。

恥ずかしながら、明らかに一部にその傾向がはっきり出ているようである。

落ち着いて、考え直す。

調べてもらった結果の文章を思い起こす・・・
ブログ記事を眺める・・・


やっぱり・・・((((((^_^;)


あー、未熟者であることを露骨に晒してしまった・・・

そして、また、気づいてギョッとしてしまった。


進歩が足りない!...情けない (T_T)


振り返りと、霊的修行と、生活の見直しと、知識の再確認と
以上を勉強し直します。


(ちなみに、カルマとは単純な繰り返しでもなく、単純な作用反作用でも
 ないようです。
 運命の借金や負債や罪を指す使い方もあるようですが、
 それではズレてしまうように思います。
 あえていうと、
 今回の人生に影響力を持つ
 幽体に内在した、幽体の脳の心理で、
 どうしても止めにくい強い想い
 であると自分では思っていましたが、間違えていたらごめんなさい。
 自分は寡聞にして、この考えを他の神秘思想で見たことがないので
 自分が勉強している「霊魂学」の独自の見解であると思います。

 従来のカルマとイメージが違うこともあるので、
 自分が学んでいる霊魂学では「霊的カルマ」と用語を
 調整せざるを得なかったようです)


これを機会に、以下のWebページを紹介させていただきます。


※「霊をさぐる」より




さらに、追求したい方は、こちらもどうぞ
霊言に、解説を加えて読みやすくなっているものです。






※ニコライ・リョーリフ『Karakirghizes』1932
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :