【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

西洋版・禊あるいは洗礼の寓意…(ちょっと想像)

公開日: 2009年1月21日水曜日 「霊的修行」 創作話集-「ちょっと想像」


(創作話集−「ちょっと想像」) ※この話はフィクションです


聖クリストフォロス(クリストファー)の話は
読み替えると、
「西洋版・禊あるいは洗礼の寓意」
になるかもしれません。

以下は、自分の空想による読み替えです。
(ただし、わざと要点をぼかします)


高貴なるものを探求し、
隠者の助言を聞いて
川で待つように言われた男は、

日々、
川に入っては出、川に入っては出、
という行いを繰り返し
尊い存在とあいまみえる日を待ち続けていた。

ある日、
幼い男の子が一緒に川に入る、とやってきて
男の日課に加わった。

男も、幼い男の子もそれぞれ
川に入った。

そうこうして、二人共に
川に入っては出、川に入っては出、
という行いを繰り返しながら
しばらく時が経過した

そうしたある日

どうしたことか
男は、その日に限って
やたらと体(あるいは心?)が重かった
あらゆるものが湧き出てきたかのように
重かった。

その重さは、
まるで何かの罪の重さのようでもあった。
何の罪か・・・わからない

そして、
その重さも
次第に変化が現れてきて、
日々が過ぎた。


そうして、
日課を終えたある日のこと
男はとうとう
ある一つの段階を越えたらしい

というのも
いつも横にいる男の子は
違う姿に変わっていたからであった。

その男の子の正体とは
すなわち・・・・・・

そして、男の子の姿が変わったと言うことの
意味はすなわち・・・・・・


しかし、絵を見る限りにおいては
こうも言えるのかもしれない
男の子は上方からの・・・・・・・


などなど・・・

ということが感じ取られる。





(以上は、私一個人の空想的な読み替えです)


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :