【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

民主主義的あるいは科学的に公平な霊的真実は…(もしもの世界)

公開日: 2009年8月25日火曜日 創作童話-もしもの世界


(創作童話−もしもの世界) ※この話はフィクションです


霊的真実を検討しようという集まりが
ある時、あるところであったという。


ただし、人類の進歩(?)にふさわしく
民主主義的に
かつ
科学的公平さと客観性に則り
すすめようとのことであった。

--------------------------------

議長:「では、次の議題についての見解を・・・」


○○教:「A案に賛成です」
■■宗:「同じく」
××団:「基本的に同意します」
◆◆会:「異議ありません」

◇◇派:「・・・」


議長:「ん? ◇◇派の修行者は何か言い分があるのかね」


◇◇派:「A案は間違えていると思われます
    我らが師が申すには、 
    A案は、人々が
    情緒的に納得しやすい内容ではあるが
    霊的には間違いであるとのことです」


議長:「他団体は◇◇派の見解をどう判断するか」


○○教:「A案は○○教の聖典にも記載されております」

■■宗:「最近の、最も正しいとされる霊界通信の
    複数がA案を支持しております」

××団:「疑問があるなら
    大多数の団体の共通見解であるかどうか
    多数決をとってはどうでしょう」

◆◆会:「賛成ですな」


議長:「では多数決をとる・・・
    ・・・
    結果が出た
    ・・・
    えー、ほぼ全団体が
    A案に賛成の立場をとった
    並びに
    権威ある聖典と
    最近の最も影響力のある
    霊界通信にも記載されているので
    民主主義的
    並びに
    科学的に公平かつ
    客観的立場に立って
    A案を霊的真実であると
    決議する」


--------------------------------

というわけで、
とある惑星においては

・書物により多く書かれていること
・人気のある霊界通信で複数回取り上げられること
・賛同する団体が多いこと

つまり
多数派であるかどうか
単純に言うと、
多数決の結果によって、
「正しい霊的真実」
と決定されるとのことであった。


となると、
いつになっても
「新しい霊的真実」
は登場できないことに
なるらしい。


その惑星は、
幸福なのか不幸なのか…
進歩しているのか退歩しているのか…


さてさて・・・

--------------------------------

※今回の話は
 民主主義や科学を否定するものではありません。
 しかしながら、一つの方法論が他の分野に
 通用しないかもしれない、
 とは考えることがあります。

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

4 件のコメント :

匿名 さんのコメント...
Walk さんのコメント...
石枩(いしまつ) さんのコメント...
石枩(いしまつ) さんのコメント...