【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

気づいてもらうにはどうする?その1…(つぶや記)

公開日: 2010年1月24日日曜日 つぶや記


たとえば、

相手に気づいてもらうには
どうしたらいいのでしょうか。

これは、恋などで
よく悩む事柄であります。


おそらく何事もなく過ごす日常では
相手に気づいてもらえないでしょう。

何らかの形で相手にとって
目立つ事柄が必要になると思われます。

たとえば

声を掛ける、呼びかける
相手の目にとまりやすいことを行う。


とすると

呼びかけても
話しかけても
覚えてもらえないこともあるのに、

何もしないでいるのでは
気づいてもらえる可能性はかなり低い、

ということになってしまいます。



さて、相手が、
高級霊魂や、さらに神々である場合、
気づいてもらうには
どうしたらいいのでしょうか。


上記の恋の例をふまえると
何もしないでいるのでは
やはり、
気づいてもらえる可能性は
かなり低いのではないか、

と思われます。


なお、
数ある意見の中には
高貴な存在は、能力が非常に高いので
人間のことはよく見えている
・・・と考える向きもあるようです。


さて、本当のところ
高貴な存在は
人間を見やすいと考えているのか、
人間を見えにくいと考えているのか、

ここに宗教や霊的な事柄にとって
最重要な点が含まれていると
個人的には考えています。
(この点は、次回書く予定です)

少なくとも
「求めよ、さらば与えられん」
との言葉が示すように

何もしないでいるのでは
気づいてもらえる可能性は
かなり低いように思われます。


となると信仰を持つ人間の方が
普通に生活している人よりも
信念があり、
高貴な存在に呼びかけているので、
気づいてもらえる可能性は
より多くなるのではないかと考えられます。

しかし、現在は妙なことに
何らかのきちんとした信仰をもつことを

「特定の宗教をもつ」→「狭い考え、不自由、押しつけ」

というように捉える向きがあり
なんとなく避ける風潮にあるようですので


高貴な存在に呼びかける頻度や信念は
より少なくなってしまいそうなのが
残念なことです。


呼びかける、のが
年1〜3回くらいでは

日々、高貴な存在に
呼びかけている信仰者の方が
より力強く呼びかけていて
目にとまりやすい機会が増えるように
思われますが・・・さて。


<つづく>


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :