【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

こころの中の疾風怒濤

公開日: 2010年3月23日火曜日 ひとこと修行日記


外は春一番・・・

こころの中にも嵐が湧き起こることもある。

そうした「すさまじい想い」は
なんとすれば盲目的な行動を惹き起こしたりもする
となると
あまりありがたくない結果を招く可能性は
かなり高そうだ・・・


自分の中に
すさまじい嵐のような想いが湧き起こる時、

さあ困った・・・

自分は満足したいと思っている
のかな?

しかし、
冷静さが残っていれば、
この嵐のような想いが
あまりありがたくない結果を招くことを
なんとなく気づいてしまう。

「わかっちゃいるけど・・・」とスイスイスーダ・・・
と楽しく笑い話に出来るのは

ロールケーキが食べたい!
○○アイスが食べたい!

という種類の話で
対人関係上での「嵐のような想い」は
ちょっと・・・困る・・・


困ったらどうする?

発散する、
遊ぶ、歌う、走る
何かに打ち込む、
詩を読む、
ライトセーバーでジェダイごっこをする
ことばをつぶやく、
空を見上げる、
霊的トレーニングを行う、
足元を見つめる、
かるく跳ねる、
歌う、
過去を振り返る、
立場を置き換えて考える、
もしも・・・と想像する、
友だちに電話する
空を見上げる
そして・・・
霊的トレーニングを行う・・・

いろいろなことをして
自分と、その強い思いを見つめようとしたり
人生を考えたり、
自分の出来の悪さにあきれたり、
老成ぶったことばをつぶやいたり、

いろいろなことは
それぞれ役に立った
・・・と思う


しかし、

霊的トレーニングを知る前、
かなり嵐に翻弄されていたのに対して

日々、霊的トレーニングを
行っている現在、
案外とそうでもなかったりする。

もちろん
嵐が全く起こらないわけではないけれども
そして、もちろん
苦労がなくなるわけではなく、
悩むこともあるけれども

それでも
不思議な静けさや落ち着きが
あるように思う

特に
基本とされる「水の禊」で
自分はそれを噛みしめることがある。

霊的トレーニングの指導をくださる高貴な存在に
感謝、感謝なのです。


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :