【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

霊的な話を聞いてくれる?・・・その1(まず)

公開日: 2010年5月10日月曜日 霊的な話は…


(※これは、ある人物の意思伝達の苦悩を空想したお話です)


あのさ、

普段、周りの人が話題にすることではないから
ちょっと変じゃないかって思うかも知れないけどさ、

でも、これはとっても大事なことだと思うからさ、
できれば、聞いて欲しいんだけど・・・

あ、いや無理強いはしないよ。
強制的に話すつもりもないんだよ。

あ、ごめん・・・
前置き長くてくどい僕の悪いクセだねこりゃあ、

でさ、

死んだら人間どうなると思う?
霊ってあると思う?


あ、いやそんなあやしい勧誘をしているんじゃないよ・・・
もし、君にさ、
いくらかの興味があるんだったらさ、

ちょっとだけでも
聞いてみて欲しいんだ・・・

・・・

霊っていったらTVの納涼番組か、ホラーか、
なんとかの感動の話・・・みたいなさ、
そんな、
何て言うかさ、よくあるパターンでしか
話題に出てこないじゃない?

でもね、

昔から真面目に考えてたり、追求していたり、
道を求めたりする人もいてさ、

それは、
ひとの死後のこととも関係あるようでさ、

行ったことのない外国が
行ってみたら全然想像と違うように
ひとの死後も、全然違っているかもしれなくてさ、

・・・

まあ、でもこんな話すると
かなりの人がさ、

「そんなことは
 死んだ後のことは
 誰にも分からないし
 死んでみないとわからないから
 あとでいいや・・・」

っていうふうに
言われるんだけど、

でも、
外国に行く前に準備が必要なように、
ひとの死後も
今のうちにできることなんかもあると思うんだよね。

でね、

できればさ、
霊的なことって
ひとにとって結構大事なことかもしれないって
ことをさ、

できれば、
言いたくてさ・・・

ああ、
こんなまとまりのない話を
聞いてくれてありがとう。
本当にありがとう。


--------------------------------
(ああ・・・
 もっと大事な話や
 伝えたいことが
 たくさんあるのに
 ・・・
 肝心なことを何も言えなくて
 何を言いたいのか
 わかんない話で終わっちゃった・・・
 ・・・
 ああ・・・
 ・・・
 だめだなあ・・・・・・・・・・・)

--------------------------------

※彼の言いたかったことに関連すると
 思われるページ
  ↓
死後の世界へ旅立つ前に


--------------------------------


<つづく?>


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :