【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

生まれ変わりと人口増加…(つぶや記)

公開日: 2010年6月15日火曜日 つぶや記

[2010.06.15]

自分が20歳前後の頃、とある宗教をもつ人と話をしていた。

当時の自分が、
いわゆる「生まれ変わり」の話をしたところ・・・

その人は驚いた顔でこちらを見た


「輪廻転生を信じているの?それは絶対にあり得ないでしょう…」


これは、補足だけれども
生まれ変わりと、輪廻転生は厳密にはちがうらしい、
もっというと、輪廻と転生、これも厳密にはちがうらしい。
(まあ、学問的な定義の話なので、今回には関係ないけれども・・・)


しかしこの話をしているときは世間一般的な
一個の魂が転生を続ける、という生まれ変わりの意味で
お互いに話を続けていた。


さて、
自分と話をしていたその人は、こういった。


「輪廻転生を認めると地球の人口増加が説明できないでしょう」


え?そうなの?


「人口が増えるということは
 個体がどんどん増えるということでしょう。
 
 でも、輪廻転生を前提としたら
 地上の人間は常に誰かの生まれ変わりと
 いうことになるでしょう。
 
 つまり、あたらしい個体はいないのでしょう。
 みんな誰かの生まれ変わりで、生まれ変わって、
 この世に来るから、あの世からいなくなるのでしょう。
 
 その場合、霊的な世界も地上も
 一定数の個体しかいないはずでしょう
 だから地球の個体の増加を説明できないでしょう」

・・・

あとで、知ったのだけれど、
この話のもっていきかたは、
輪廻転生に否定的な見解の人が
わりと用いる説明なのだという。


自分は、当時ただただキョトンと聞いていた。
(この人、変なこと言うなあ・・・)
という感じで。


霊的な事柄や
宗教的な事柄に

理屈で考えをめぐらすことが
悪いとは自分も思わない。

しかし、こうまで
理詰めでとことん話されると
違和感を感じてしまう


例えて言うと・・・

建物を外から見ただけなのに

この構造で言ったら・・・
この空間の取り方で言ったら・・・

と、外観から内部構造を「〜にちがいない」と断定するやり方

いわば、
勢いがつきすぎてコースアウトしたレーシングカーのような危なっかしさ・・・

という印象を受ける。



あ、こういうのは昔も思った。

学生の頃に

「エウチュプロン −敬虔について− 」

というソクラテスに関する本を読んでいて
神々についてあれこれ推論する中で
合理的すぎて気味が悪い・・・と思ったことがあった。

その違和感と同じだった。


例えば、
その論理自体は良くできていたとしても


霊的な現象、神々に関する事柄など、
つまり人間という身である以上
簡単には理解できないことを
論理や論法でとことん突きつめるのは

(シャレや論理ゲームならいざしらず)

本当にそれで、
上記の事柄を判断してしまおうとするのは
子どもが百科事典やネット片手に知ったかぶる不遜さとか
ある意味、理(ことわり)に傲岸な態度なのでは?
という気味の悪さである。


ところで、
自分は現在、「霊魂学」を学び、

「生まれ変わりと人口増加」については
特に矛盾を感じることはない。

生まれ変わりや再生が
従来、口々に語られてきたイメージとは
相当違うということや
実際はかなり複雑であるらしいことは
自分なりに理解しつつある。

(その内容についてどこまでネットに記載
 していいのかは自分には判断がつかない
 ので、下に参考Webページの紹介という
 ことに留めようかと考えている)


しかし、周りを見てみると、
ネットの質問コーナーなどで
「生まれ変わりと人口増加」についての
Q&Aを見つけてしまうことがあり、

この問いかけは、

「一個の魂が転生を続ける、という生まれ変わりや再生」

という見地では、よく生じる疑問であるらしい、
ことを再認識した。


また一方で、
この問いに対する答えも
わかりやすく答えようとしているものの
やはり、妙な理屈になってしまっているのも再認識した。


ちなみに、現在のところ、地球上では
大雑把に言うと
一秒あたりに生まれる数は4人と少々、
一秒あたりに死亡する数は約1.5人だとのことを耳にした。

いや、まったく途方もない・・・
これほどの数の、人間の生死を思うと

このうちどれほどの人間が
霊的に有意義な人生だったといえるのだろうという
疑問が頭をよぎる・・・



※なお、次のWebページは参考になるように思われます

 ■霊との問答 から




ランキング参加用のリンクを2つおいてみました。記事内容に興味を感じられた場合、リンクをクリックしていただけましたら幸いです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :