【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

できれば最初にお読み下さい <前置き> Ver.2

公開日: 2010年7月4日日曜日 書き手の姿勢

[2010.07.04]


このブログを始めて、約2年が経過しましたので
「できれば最初にお読み下さい<前置き>」Ver.2
を記します。

このブログの書き手は日本のどこにでもいるであろう「ふつうのおじさん」です。
霊的な事柄についてブログで書いていますが
いわゆる世の中で言われている「不思議体験」「霊感」「見える」「聞こえる」は
一切ありません。
(これは、自分はいいことであると思っています)


自分の立ち位置を簡単に記します。
仕事をしながら日常の生活をおくる合間に比較的短時間で行うことの出来る霊的トレーニングを実践すること。
それに加え、霊的な現象は実際のところどういう仕組みで起こっているのかについてを説明する霊魂学を学ぶこと。
以上の2つが自分の霊的な勉強の中心となります。
(もちろん、この世に生きている上では、普通の生活も霊的な勉強の一環になります)

この立ち位置で言うと、
安易に霊能力は求めない。もっと人間にとって大事な意味をもつ霊力を徐々に身につけていくことを目指しています。
(霊能力と霊力の違いについてはこちらを参照下さい)





実施している霊的修行(霊的トレーニング)というのは、禊(みそぎ)と鎮魂(ちんこん)の修行になりますが、単語の紹介だけでは誤解を招くかもしれませんので、霊的トレーニングを説明するページを参考にしてもらえればと思います。


本ブログは、道の途上にいる一人の修行者の記載なので、私の理解度に応じた内容にとどまっており、記載内容に間違いが含まれる場合がありえます。できれば間違えたことは書かないよう努力はつづけたいと思っております。

したがいまして、書き込み内容については、あくまで個人的な見解であることを強調します。
また、発言の責任は私個人に帰属します。もちろん、指摘を受けた場合は、検討して記事を削除したり修正したりすることも出てきます。

同じ修行の会の、方々のサイトやブログは大変わかりやすく丁寧な記載が多く、自分も読んでいて勉強になります。

自分もそのような方向で記載を続けられると良いのですが、自分のクセである、説明がクドくなる欠点に翻弄され、なかなかスッキリと書けないようです。
そこで、本ブログでは、ある霊的な事柄について、視点を変えて見るとどういうことを指すのかなどについて、エッセーや物語形式をとって寓話的に記載する工夫をとることがあります。(うまくいっていないかもしれません(^^ゞ )

ただしこの創作物語形式は、何かを訴えたくて、とかたいそうなものではなく、ただ単純に浮かんできたことを組み合わせた「たとえ話」としてのフィクションです。
論や説の文章では自分の性格からか堅苦しくなってしまいますので、コーヒーブレイクのようなものを目指したのだと思っていただけると助かります。


以上、長い前置きを読んでいただきありがとうございます。


なお、サイドメニュー下方のバナーリンクは、修行の会やその関連のページですので、興味がありましたら見ていただけますと、このブログ以上に踏み込んだ「霊的世界」「霊的修行」についての記述が参考になるかと思われます。





ランキング参加用のリンクを2つおいてみました。記事内容に興味を感じられた場合、リンクをクリックしていただけましたら幸いです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :