【 はじめに 】

ワタクシは契山館霊的トレーニングを実践し、水波霊魂学を学ぶ途上の未熟な一修行者であり、本ブログは個人的見解で記載していますので、内容は私の理解度によるものです。したがって内容の間違いや不備は私個人の責任です。

記事についての問い合わせや質問がありましたら、コメントへの記載やメールをいただけますと、できる範囲でお答えしたく考えております。 

ishimatsu☆aol.jp 石枩(いしまつ)(@を☆に置き換えて表示しています) メールの内容によっては返答致しかねることもありますのでご了承下さい。

ブログ本文ならびに図画については著作権を放棄しておりませんので、本ブログの無断転載・無断引用はお断り致します。

黒板絵その2「げんだいの人の幽体は栄養不足」

公開日: 2015年1月30日金曜日 _黒板絵 「霊的」ということ 図画日記 図画物語 幽体について 霊魂学

[2015.01.30]

黒板絵その2

「げんだいの人の幽体は栄養不足」

肉体は空気を吸い、たべものを食べて活力を得ます。
幽体は幽気という栄養が(できれば質の高い幽気)ほしいのですが、げんだいの人は
幽気の取り入れ方を知らないので、
幽体はよわっていて、霊的なちからも落ちているのだそうです。

これでは、幽体を表面の体として生活する「死後の世界」での生活が
心配になってしまいます。(T_T)


これについて、くわしくは、

「幽体の悲劇」水波一郎 著
http://www.amazon.co.jp/dp/4865430490/
をごらんください。


ランキング参加用のリンクをおいてみました。記事内容に興味を感じられた場合、リンクをクリックしていただけましたら幸いです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :